2012年06月24日

GMOクリック証券の外為オプションのプランをイロイロ試す

バイナリーオプションのバイナリーとは2進数のこと。0と1。シロか黒かってことです。最近はバイナリーオプションのほうが流行ってるみたいです

バイナリーオプションで勝つためにさまざま続けています
たまにはGMOクリック証券ではなく、欧州時間の17時の中国H株指数でハイローオプションのハイとワンタッチオプションのタッチを取引できるオプションフェアを探求しました

今回のGMOクリック証券の取引結果、(外為オプション)
月曜日 1勝9敗
火曜日 3連勝中
水曜日 2勝9敗
木曜日 7勝1敗
金曜日 9勝3敗

損益は、-632,900円

取引結果の鑑定では、豪円ではまぁまぁとったところ、NZ円ではま・・・まぁかな。

目下、このまま続けるか探求しました

レンジ外さえ無ければ、ペイアウト率2.0なので勝率さえ50%以上なら勝ち越せます。、レンジ外さえ無ければ、ペイアウト率2.0なので勝率さえ50%以上なら勝ち越せます。

バイナリーオプション業者も鑑定しておきましょう。複合取引手法によっては業者を変えてもよいです。

権利放棄がGMOクリック証券だとタート前であれば全額キャンセル可能ですが、FXトレード・フィナンシャルは終了5分前になると放棄不可能です。ちなみにGMOクリック証券では両建ができません。ペイアウト率はGMOクリック証券が2倍でFXトレード・フィナンシャルが1.80〜1.90倍になっています。ペイアウトのお得感は完全にGMOクリック証券の圧勝です。
posted by こんなもの at 04:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

ぽつりぽつりとバイナリーオプション戦略日記

実践!バイナリーオプション、白か黒か、表か裏か

この状況では、バイナリーオプション戦略投資状況は、株式指数BOのワンタッチオプションの高収益タッチではここ4〜5日香港指数で4勝9敗、為替BOでは香港ハンセン指数でここ4〜5日豪ドル円で7勝7敗、他のZARJPYでは1勝5敗、最後に商品ではここ4〜5日6連勝中です。

バイナリーオプションのバイナリーとは2進数のこと。0と1。シロか黒かってことです。。バイナリーオプションなら2択なので上がるか下がるかを予想するだけで、悩む必要がありません。

さてと、本日の取引方法はアナリスト:小林芳彦を考察しました。

小林芳彦によると、GBPUSDはとてつもなく上げるリスクもあるらしい・・・

上記の考察を参考にして、GBPUSDを狙って取引してみたのです。

ほんじつ、相場イタリア問題の先送りによるリスク選考によって週足のラインを意識して大きな動きがあることになりそうだ。さて、これを踏まえてほんじつのを取引を模索しています。

本日のバイナリーオプション取引には、ZARJPYを狙って取引してみた。ZARJPYは週足のラインを意識して大きな動きがあるらしいので、バイナリーオプションで夜中に取引したってことです。狙いは取引にZARJPYが週足のラインを意識して大きな動きがあるところで、スマートオプションのハイローオプションのローで取引してみたのです。

結果は、GBPUSDでのFX取引で7勝7敗、ZARJPYでのハイローオプションのロー取引では2勝7敗、他のFXやCFDトレードの詳細を合わせると、トータルではそんなところですね。あまり望んでも仕方ないし。

本日の取引業者:海外バイナリーオプション業者のスマートオプションではボーナスがあります。入金額の10〜30%がキャッシュバックされます。非常にお得ですね。

投資は自己責任




posted by こんなもの at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。